演奏予定曲

●タイム・トゥ・セイ・グッバイ ●マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン ●ニュー・シネマ・パラダイス
●星に願いを ●逢いたくていま ●あなた ●もののけ姫 ●明日 ●見上げてごらん夜の星を

●タイム・トゥ・セイ・グッバイ
●マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン
●ニューシネマ・パラダイス
●星に願いを
●逢いたくていま
●あなた
●もののけ姫
●明日
●見上げてごらん夜の星を

※ クラシック/オペラの楽曲もお聞きいただきます。演奏予定曲が変更する可能性がございます。あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。

公演日程

東京公演

2018年1月23日(火)開演19時

東京オペラシティ コンサートホール

【チケット料金】
SS席 ¥13,000 S席 ¥11,000 A席 ¥9,000

【司会】別所哲也

【指揮】山下一史

【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

【ゲスト】ベイビー・ブー

【お問い合わせ】
キョードー東京 0570-550-799(平日11:00〜18:00 土日祝10:00〜18:00)


福岡公演

2018年2月13日(火)開演18時半

福岡シンフォニーホール

【チケット料金】
S席 ¥11,000 A席 ¥9,000 B席 ¥7,000

【司会】別所哲也

【指揮】飯森範親

【管弦楽】九州交響楽団

※福岡公演にはゲストの出演はございません

【お問い合わせ】
キョードー西日本 092-714-0159(平日10:00〜19:00 土曜10:00〜17:00)


茨城公演

2018年3月22日(木)開演18時半

茨城県立県民文化センター

【チケット料金】
S席 ¥11,000 A席 ¥9,000 B席 ¥7,000

【司会】別所哲也

【指揮】山下一史

【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

【ゲスト】ベイビー・ブー

【お問い合わせ】
キョードー東京 0570-550-799(平日11:00〜18:00 土日祝10:00〜18:00)


札幌公演

2018年5月28日(月)開演18時半

札幌コンサートホールKitara

【チケット料金】
S席 ¥11,000 A席 ¥9,000 B席 ¥7,000

【司会】別所哲也

【指揮】山下一史

【管弦楽】札幌交響楽団

【ゲスト】ベイビー・ブー

【お問い合わせ】
キョードー札幌 011-221-0144(平日のみ9:30〜18:00)

チケット

ぴあ 購入
ローソンチケット 購入
イープラス 購入
CNプレイガイド 購入

プロフィール

中丸三千繪

Michie Nakamaru

桐朋学園大学声楽科卒業。同大学研究科修了。 在学中よりニューヨーク・ザルツブルグに留学。1986年、小澤征爾指揮、R.シュトラウス「エレクトラ」のタイトルロールでデビュー。1987年イタリアに渡り、1988年第3回「ルチアーノ・パヴァロッティ・コンクール」優勝。ヨーロッパデビューを果たす。第4回「マリア・カニリア・コンクール」優勝、第27回「フランチェスコ・パオロ・ネリア・コンクール」優勝。これを機にミラノ・スカラ座と出演契約を結ぶ。1989年『愛の妙薬』でルチアーノ・パヴァロッティと共演し、アメリカ・デビュー。1990年RAI(イタリア国営放送)主催「マリア・カラス・コンクール」に優勝し、欧米各国より出演依頼が殺到する。

以来、ミラノ・スカラ座でのムーティ指揮、ワーグナー『パルジファル』など、世界各国の歌劇場で、プラシド・ドミンゴ、ホセ・クーラ、ロリン・マゼール、ケント・ナガノをはじめとする当代一流の音楽家と共演。1994年には、ベルサイユ宮殿での英仏チャリティ神前コンサートに、故ダイアナ妃ご臨席の下、フランス代表として出演。

1995年、MODA(イタリア貿易振興会)Made in Italy賞を受賞。1997年、歌舞伎座にて史上初めてとなるソロ・リサイタルを行い、大きな話題となった。東芝EMIより20タイトルのCDをリリース。ホセ・クーラ、ダニエル・デッシーらとローマ国立歌劇場のマスカーニ「イリス」、ベルリンフィル12人のチェリストとの録音にも参加。また、著書「マリア・カラス・コンクール スカラ座への道」、エッセイ集「声のある時間」を出版。

1998年より、日本各地で小児ガンの子どもを支援するチャリティコンサートを行っており、天皇皇后両陛下ご臨席のチャリティコンサートにも出演するなど、社会活動においても高い評価を受けている。日本国内においても、リサイタル・ツアーの他、フィルハーモニア管弦楽団、ハンガリー放送交響楽団、スロヴァキア国立放送交響楽団などの日本公演にソリストとして出演。2001年にはポーランド国立歌劇場日本公演「椿姫」ヴィオレッタ役で出演、絶賛を受ける。またメジャーリーグ開幕戦開会式、サンフランシスコ講和条約締結50周年記念式典(於ワシントン)、日本ダービー、サッカー国際試合などの国際的イベントにおいて日米両国国歌を斉唱。2006年、イタリア文化への貢献で“イタリア連帯の星勲章”コメンダトーレ章(Commendatore dell’ Ordinedella Stella della Solidarieta Italiana)をイタリア大統領より授与。

最近では2006年にニューヨークでリサイタルをし、ライブCDを制作。2007年にはパリ、モナコ(モンテカルロ劇場)でリサイタル、2008年にはアーノルド・ウェスカー原作、三枝成彰作曲モノオペラ「悲嘆」を初演。2009年にはパリ、ボルドー等のオペラハウスに出演。同年12月に演劇界の巨匠、鈴木忠志演出によるオペラ「椿姫」(飯森範親指揮)ヴィオレッタ役で出演し大好評を博した。2010年、トルコにおける日本イヤーでは日本代表アーチストに選ばれ、大統領臨席の下にコンサートを行う。秋には、ミラノの大聖堂、ローマのバチカンでもコンサートを開催、2011年9月に三枝成彰作曲「悲嘆」、プーランク作曲、ジャン・コクトー原作「人間の声」と一晩で2つのモノオペラ(奥田瑛二演出)を一人で演じ、歌い切り、3夜にわたりTV放送された。2015年プラハ国立歌劇場日本公演「椿姫」にヴィオレッタ役で出演。


収録曲

●逢いたくていま ●私のお父さん歌劇~Gianni Schicchi~より
●明日 ●もののけ姫 ●When you wish upon a star(星に願いを)
●Nuovo cinema paradiso(ニュー・シネマ・パラダイス) ●Ave Maria(アヴェ・マリア)

発売元:株式会社ブレイクタウン/スペースシャワーミュージック
販売元:株式会社スペースシャワーネットワーク

司会

別所哲也

Tetsuya Bessho

慶應義塾大学法学部卒。90年、日米合作映画『クライシス2050』でハリウッドデビュー。米国映画俳優組合(SAG)メンバーとなる。その後、映画・TV・舞台・ラジオ等で幅広く活躍中。99年より、日本発の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル」を主宰し、文化庁文化発信部門長官表彰受賞。観光庁「VISIT JAPAN大使」、外務省「ジャパン・ハウス」有識者諮問会議メンバーに就任。内閣府「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」の一人に選出。第1回岩谷時子賞奨励賞受賞。第63回横浜文化賞受賞。第45回ベストドレッサー賞インターナショナル部門受賞。第34回ベストジーニスト賞協議会選出部門受賞。


指揮

©︎ai ueda

山下 一史(指揮)

Kazufumi Yamashita(conductor)

1984年桐朋学園大学卒業後、ベルリン芸術大学に留学。1986年ニコライ・マルコ国際指揮者コンクールで優勝。
カラヤンのアシスタントを務め、急病のカラヤンの代役をジーンズ姿で指揮し、話題となる。ヘルシンボリ交響楽団(スウェーデン)首席客演指揮者、九州交響楽団常任指揮者、大阪音大ザ・カレッジ・オペラハウス管常任指揮者などを歴任、2008年4月同団名誉指揮者就任。2006年仙台フィルハーモニー管弦楽団指揮者就任、CD制作を行うなど積極的な活動を展開。2009年4月から2012年3月まで同団正指揮者。
2011年2月にはシューマン:歌劇「ゲノフェーファ」日本舞台初演や、2013年1月、2016年3月には水野修孝:歌劇「天守物語」を行うなど、オペラ、オーケストラの両面において着実な成果を積み上げている指揮者として、確かな評価を得ている。 現在、千葉交響楽団(旧ニューフィル千葉)音楽監督、東京藝術大学音楽学部指揮科招聘教授。


©山岸伸

飯森 範親(指揮)

Norichika Iimori(conductor)

桐朋学園大学指揮科卒業。ベルリン、ミュンヘンで研鑚を積み、これまでにフランクフルト放送響、ケルン放送響、チェコ・フィル、モスクワ放送響等に客演。01年、ドイツ・ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団音楽総監督(GMD)に着任し、ベートーヴェンの交響曲全集を録音するとともに、日本ツアーを成功に導いた。
国内では94年以来、東京交響楽団と密接な関係を続け、現在は正指揮者。03年、NHK交響楽団定期演奏会にマーラーの交響曲第1番でデビュー。06年度 芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞、07年より山形交響楽団音楽監督に就任し、そのエネルギッシュな活動は高い評価を受けている。
2014年シーズンから日本センチュリー交響楽団首席指揮者に就任。


オーケストラ

東京フィルハーモニー交響楽団

TOKYO PHILHARMONIC ORCHESTRA

1911年創立。日本のオーケストラとして最古の歴史をもち、メンバー約130名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者ミハイル・プレトニョフ。自主公演の他、新国立劇場他でのオペラ・バレエ演奏、NHK他における放送演奏など、高水準の演奏活動を展開。また、海外公演も積極的に行い、国内外から高い注目を集めている。
1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。


札幌交響楽団

SAPPORO SYMPHONY ORCHESTRA

1961年に発足、北海道唯一のプロ・オーケストラとして、「札響」の愛称で親しまれている。透明感のあるサウンドとパワフルな表現力は雄大な北海道にふさわしいオーケストラとして広く知られている。歴代指揮者は名誉創立指揮者の荒谷正雄、ペーター・シュヴァルツ、岩城宏之、秋山和慶、尾高忠明などが務めた。現在、首席指揮者のマックス・ポンマーのほか、名誉音楽監督の尾高忠明、名誉指揮者のラドミル・エリシュカ、指揮者として佐藤俊太郎と垣内悠希を擁し、2017年4月から友情客演指揮者に広上淳一を迎えた。年に約120回のオーケストラ・コンサートを行うほか、積極的に地域活動に参加、年に約50回の小編成での教育福祉活動を行っている。海外公演はこれまでに、アメリカ、英国、ドイツ、イタリア、東南アジア、韓国、台湾を訪問、各地で好評を博した。レコーディングにも積極的で、尾高とのシベリウス、エリシュカとのドヴォルジャーク、ブラームス、チャイコフスキーなどがある。ポンマーともメンデルスゾーン、ブルックナー、シューマン、R. シュトラウスがリリースされ、専門誌、新聞で推薦盤に選ばれるなど、高い評価を得ている。


九州交響楽団

THE KYUSHU SYMPHONY ORCHESTRA

1953年に活動を開始。1973年に改組、のち財団法人化を経て2013年から「公益財団法人九州交響楽団」となり、九州一円の常設オーケストラとしてアジアの交流拠点都市"福岡"に本拠地を置く。アクロス福岡での定期演奏会をはじめ、天神でクラシック、名曲・午後のオーケストラの自主公演の他、青少年向けのコンサート、またオペラやバレエ、合唱との共演、ポップス、 映画音楽、ファミリーコンサートなど内容は多岐に渡り、福岡県を中心に九州各地で年間約130回の演奏活動を行っている。2013年小泉和裕が音楽監督に就任後「ベルリオーズ / 幻想交響曲」、「ベートーヴェン / 交響曲第9番」のCDを発売。これまでに、福岡市文化賞、西日本文化賞、文部大臣地域文化功労賞、福岡県文化賞を受賞。


ゲスト

ベイビー・ブー

2002年メジャーデビュー。
2011年から新宿の「うたごえ喫茶ともしび」に通い始め、 今までに「うたごえ喫茶アルバム」を「ともしび」監修のもと3作発売。 NHK「歌謡コンサート」やTV東京系「木曜8時のコンサート」BS-TBS「由紀さおり 素敵な音楽館」「日本名曲アルバム」などに出演。 近年、ボニージャックスと9人のコーラスユニットを結成したり、由紀さおりのバックコーラスで参加もしている。 2017年11月に10年ぶりのオリジナルシングル「ごめんね…ありがとう」をリリース。

チケット

ぴあ 購入
ローソンチケット 購入
イープラス 購入
CNプレイガイド 購入

お問い合わせ

キョードー東京 0570-550-799